お腹ぽっこりをひっこめる6つの方法

32歳、女性。そんな私が最近思うのが、10代や20代の若い頃と比べて、明らかに代謝が落ちているなということ。若い頃はくびれもあったのですが、いつの間にやらくびれが消失。とうとうぽっこりお腹が出現してしまいました。

ということで、ぽっこりお腹をひっこめるには何をするのが良いのかということを記録しようと思ったのが、このサイトを立ち上げた経緯です。今回試してみたり、調べてみたりした6つの方法が、ぽっこりお腹解消にお役に立てればと思います。

ぽっこりお腹をひっこめるメカニズムって?

ぽっこりお腹の原因は内臓脂肪や皮下脂肪などの脂肪が蓄積されることでは?と考える方もいらっしゃるかもしれません。ですが、必ずしも脂肪が原因ではないこともあります。たとえば、痩せているのにお腹だけぽっこりしているという方もいらっしゃいますよね。

実はぽっこりお腹になる当たり前の原因として、まずは脂肪の蓄積があげられます。いうまでもなく、自分が消費できるカロリー以上のものを食べてしまうと脂肪として蓄積されるので、まず食事をあまり摂らない、もしくは節制することが大事となります。

これれはダイエット、もしくは健康対策のベースとなるものでもあります。どうやって対策するかについては、多数他の専門サイトで紹介されていることでもあるので、その中で、特に現実的に続けやすい食事対策方法を紹介しているページをご紹介しておきます。

さらに、ぽっこりお腹についてはもう一つの原因があります。それは筋力の低下によって内臓が下に下がること、または姿勢の悪さも関係しています。

つまり、ほどほどに脂肪の摂取を節制しながら、適度に筋肉を鍛えて、正しい姿勢を心がけ、さらに脂肪についても気をつければぽっこりお腹を解消することができるということです。

このそのための6つの方法をくわしくご紹介します!

 

  • ベリーダンス

    ベリーダンス

    オススメ度:★★★★★

    ぽっこりお腹も解消したいし、くびれもつくりたいという方にはぴったりの方法。ダンスの一種で、楽しみながらできるため、比較的ストレスなく続けられるという点がポイントです。ただし続けることが大切なので、短時間でサッとしたいという人には向いていないかも。

    » 詳しく見る

  • ヨガ

    ヨガ

    オススメ度:★★★★☆

    即効性を考えるとちょっと弱いですが、ぽっこりお腹だけでなく、精神的な面でもメリットのある方法です。ストレス解消も兼ねてぽっこりお腹を撃退したいという方や姿勢を改善したいという方に向いています。いろんなポーズがあるので、寝る前だとかちょっとした隙間時間にできるのもポイントですね。

    » 詳しく見る

  • 腹筋

    腹筋

    オススメ度:★★★☆☆

    効果的にお腹の筋肉を鍛えて脂肪燃焼効率を上げたいのであればおすすめの方法です。ただし、腹筋の動作だけでぽっこりお腹を解消できるかというと少し弱いなというのも事実。有酸素運動と組み合わせないと積極的な解消に繋がらないかなという印象です。

    » 詳しく見る

  • 姿勢を正す

    姿勢を正す

    オススメ度:★★★☆☆

    瘦せ型なのにお腹だけぽっこりいているという方や猫背や反り腰になりがちという方におすすめの方法。ぽっこりお腹を改善するための他の方法と比較すると若干アプローチが足りない点もありますが、ハードルが低く、誰でもはじめやすいというのがポイントです。

    » 詳しく見る

  • ピラティス

    ピラティス

    オススメ度:★★★★☆

    筋肉トレーニングがなかなか続かないという人や効率的にぽっこりお腹を解消したいという人におすすめの方法です。ただし、ピラティスでは胸式呼吸という呼吸法が要になるので、胸式呼吸をマスターするまでが少し大変かもしれません。

    » 詳しく見る

  • お茶を飲む

    お茶を飲む

    オススメ度:★★★☆☆

    お茶を飲むことによって、体脂肪の吸収が抑えられ、ぽっこりお腹の解消を期待できるという方法です。積極的に筋肉などにアプローチするわけではないため、他の方法と比較するとやや効果のあらわれ方は緩やか。必ず目に見えて効果が現れるというものではありません。ただし、誰でもはじめやすい、三日坊主になりにくいということでは、他の方法と比較するとハードルはかなり低いのではないでしょうか。

    » 詳しく見る

ぽっこりお腹を解消すると見た目もすっきりするだけではありません。ぽっこりお腹の解消は、血流や中性脂肪にも関係しています。たとえば、姿勢が良くなり内臓がもとの場所に戻ることによって血流が良くなる効果が期待できます。そして、筋力をつけることで脂肪の燃焼を高めることによって、脂肪のもととなる中性脂肪を減少させることも可能です。つまり、ぽっこりお腹を解消すれば、再びぽっこりお腹になりにくい、太りにくい体質に改善できるということ。解消もできて予防もできるとなれば、試してみない手はないですね。

ページのトップへ戻る